ブラインドタッチのコツ、練習法とは

ブラインドタッチのコツ、練習法とは

ブラインドタッチのコツ

少しでもブラインドタッチが上達するための最短方法とは

1週間でタッチタイピングができる?!


 

ブラインドタッチをマスターするコツみたいな練習方法

あこがれのブラインドタッチ。 私もパソコンを買った当時はタイピングの早さにすこぶるあこがれたものでした。

 

ブラインドタッチは練習あるのみ

 

カチャカチャ画面を見ながら字が量産されていくさまは、人間業かよ!!って思いました。

 

そんな人を横目に、自分はキーボードを見ながらそこそこの速さで文章を作成・・・・
まあとりあえずタイプできるし、どこのキーがあるがわからないなんてことはないんで、問題はないか・・・

 

などと自分がブラインドタッチ出来ないのを正当化・・・まあいいんですが・・・

 

そんな自分がどうなったか

 

でも今では自分がその立場に・・・・

 

会社行っても子供にも妻にも、弾丸みたいに早いって言われています。

 

見打ちで妥協していた僕が、どうやってブラインドタッチを機関銃並みのスピードで打てるようになったのか!

 

ブラインドタッチのコツみたいなものがありまして、闇雲に練習しても思ったような結果は出ず・・・

 

そこで短期間である程度褒められる程度までブラインドタッチになりました。

 

ちょっとした意識を持って練習してください。

 

具体的な練習方法やコツとは

 

まず打つべき文字の入力は最低限覚える必要があるのですが、一番使うであろう文章部分を中心に徹底的に指で覚える、できたら数字打ち、できたら特殊文字といったようにステップアップするのです。

 

文章が7割くらいの割合なので、文章だけでもかっこよく見えますし、数字や特殊記号を打つときは見打ちでもまあ、良いでしょう、7割かっこよければ合格?!だと思います。

 

あとの3割、数字だけでもブラインドタッチの練習すれば、ほぼ完成?!

 

記号だって、%や\()?!などが頻繁に使われると思いますので、単発でブラインドタッチ出来るように練習するのが早くマスターできるコツです。

 

めったに使わない記号は見打ちで十分かと・・・

 

そのようないかにラクして、かっこいいタイプができるかを模索しました。

 

練習は当然するとして、その練習を続けられる自分を目指す方法もお知らせします。

 

ちょっと補足しますと、

 

最近はブラインドタッチとは言わないそうです。

 

タッチタイピングとかタッチタイプというのが主流です。ブラインドという事は盲目、すなわち目が見えない人に対しての差別用語としての認識もあるそうです。
なので一般的に使用する言葉はタッチタイプとか、タイピングというのがベターかと。豆知識でした・・・

 
 
ホーム RSS購読 サイトマップ