ブラインドタッチで早く見せるために

ブラインドタッチで早く見せるために

ブラインドタッチのコツ

少しでもブラインドタッチが上達するための最短方法とは

1週間でタッチタイピングができる?!


 

簡単な文字を打つ

まず上達の早道は普通の文章で使うキーをマスターすることです。

 

一般的な文章。数字や、特殊文字などは後で覚えるのです。

 

今見ているこんな文章のレベルなら、すぐですよ。 数字もないし、点とまるだけが記号で、ほとんどが文字です。

 

打つのはローマ字打ちがいいです。 アルファベットも文章には普通にあるので、かな入力だと別に覚える必要があるため、面倒だし、私はやりません。確かにメリットもあります。

 

例えばローマ字入力でシロと打つとしましょう。その時s,i,r,oと4回タイプします。 しかしかな入力ですと、s,/と2回タイプするだけですので打つ量が半分です。 すべては慣れでしょうが、ローマ字打ちのほうがとっつきやすいですし、一般的ですよ。ローマ字がわからない人は別ですが・・・。

 

また、かっこいいのが、ローマ字打ちはかな入力に比べて倍近くタイプします。 出来るようになると、倍近いタイプの量が連射弾の様に聞こえるのです。 カチャカチャカチャカチャ!

 

そんな弾丸的な速さはローマ字入力ならでは。 ローマ字入力からチャレンジしよう!

関連ページ

ホームポジション
まず基本はホームポジション。ここを抑えないとブラインドタッチはできません。
市販品のソフトウェアでブラインドタッチ練習
市販品のソフトウェアでブラインドタッチ練習すると効果的?
入力の仕方
ブラインドタッチに有利な入力方法とは?弾丸打ちになるおすすめ入力方法を紹介
無料練習ソフトはどうなの
無料でも十分練習できます。おすすめもリンクしてあります。
ホーム RSS購読 サイトマップ